神奈川県「かながわSDGsパートナー」に登録されました。

本厚木ロータリークラブ(会長 内田清)は、このたび神奈川県より「かながわSDGsパートナー」として神奈川県内のロータリークラブとしてはじめて登録されましたことをお知らせいたします。

内田清会長と黒岩祐治知事

神奈川県では、県内の企業・団体におけるSDGs推進の裾野を広げることを目的として、SDGsの推進に資する事業を展開している企業・団体を「かながわSDGsパートナー」として登録しています。
今回、KDDI株式会社、京浜急行株式会社、横浜銀行、中日本高速道路株式会社をはじめとする企業団体88社と共にSDGsの普及啓発活動を神奈川県と連携して実施していきます。

本厚木ロータリークラブは 「本厚木ロータリークラブ杯青少年野球大会」の実施を通じ、青少年の健全育成と健康増進を目指しています。 厚木市少年野球協会学童 が男女児童や国籍に隔たりなく参加できるのでジェンダーやインクルーシブな社会について取組みについも高く評価しており。さらに、優勝チームと本厚木ロータリークラブとの親善試合による世代間交流や飲食容器に関するプラスチックスマート教育にも取組み、SDGsの達成に貢献していきます。

本厚木ロータリークラブの最新情報をお届けします