2020-2021年度 国際ロータリー会長 メッセージ

国際ロータリー会長エレクトであるホルガー・クナーク氏(ドイツ、ヘルツォークトゥム・ ラウエンブルク・メルン・ロータリークラブ所属)が、1 月20 日、サンディエゴ(米国カリ フォルニア州)で開催中の国際協議会で講演し、人生や地域社会を豊かにするためにロータ リーが与える機会をとらえるよう呼びかけました。
クナーク会長エレクトは、次期地区ガバナーに向けて2020-21 年度会長テーマ「ロータリーは機会の扉を開く」を発表。ロータリーとは、クラブに入会するというだけでなく、「無限の 機会への招待」であるとクナーク氏は述べました。
7 月1 日に会長に就任するクナーク氏は、奉仕プロジェクトを通じて会員自身や受益者の人生をより豊かにするための道を開くのがロータリーであると力説しました。
「奉仕の行いは、その大小にかかわらず、助けを必要とする人たちのために機会を生みだすものであると、私たちは信じている」とクナーク氏。また、ロータリーはリーダーシップの機会、奉仕のアイデアを実行に移すために世界を旅する機会、そして生涯続く友情の絆を築く機会を与えてくれる、クナーク氏は述べます。「私たちのあらゆる活動が、どこかで、誰かのために機会の扉を開いています」

未来のための変革

クナーク氏はさらに、ロータリーの発展のために変革を受け入れるよう会員に強く促しました。会員数を増やすために数字にこだわるのではなく、持続可能かつ有機的なかたちで成長できる方法を考えるよう求め、現会員を維持し、クラブにふさわしい新会員を募ることにクラブが注力すべきであると述べました。
この機会をとらえてロータリーを成長させ、より強く、適応力を高め、中核的価値観により沿ったロータリーとなるのです。

ホルガー・クナーク 国際ロータリー会長エレクト

「新会員を、会員数を増やす人員であるかのように考え、やがて忘れてしまうというのは止める必要があります」と述べたクナーク氏。「どの新会員も、私たちを少しだけ変えてくれます。
新しい視野と経験をもたらしてくれます。このような絶え間ない変化を受け入れる必要があります。新会員から学ぶことで、私たちはより強くなります」ロータリーの行動計画はクラブの進化を導く羅針盤であると指摘したクナーク氏は、全クラブが少なくとも年1 回、戦略計画会議を開くことを勧めました。この会議で、5 年後にどのようなクラブになりたいかを 自問し、クラブが会員により多くの価値をもたらす方法を考えるべきであると話します。
クナーク氏はまた、リーダー職にもっと多くの女性が就くこと、クラブの結成と運営にローターアクターが不可欠な役割を果たすこと、ロータリー会員であることの意味を考え直すこと、若い人たちに新クラブの設計者になってもらうことを提唱しました。
「新しいアプローチに心を開かなくてはなりません。若い人たちのためにユニークな新クラブをつくることは、解決策の一部にすぎません」とクナーク会長エレクト。「自分たちに一番合うロータリーの体験はどのようなものかを、ローターアクターたち自らに決めてもらおうではありませんか。新クラブの設計者は、若い人たちであるべきです」
ロータリー会員が変化を受け入れることの必要性を強調した上で、「時間は私たちのためにスローダウンしてくれない」とクナーク氏は訴えます。「私たちは急速な変化に負けません。
この機会をとらえてロータリーを成長させ、より強く、適応力を高め、中核的価値観により沿ったロータリーとなるのです」

第2780地区ガバナー  メッセージ

第2780地区ガバナー 久保田 英男(鎌倉ロータリークラブ)

「TOGETHER~ + もっと自由に」

『楽しむための一番の方法は、この協議会や国際大会のような大勢の会議であれ、奉仕プロジェクトや例会であれ、皆が集まること(together)です。集まれば、より活動的になることができます。ロータリーのビジョン声明の最初の一語がこの言葉(together)であることも、驚くことではありません。』ホルガ―・クナーク2020-21 年度RI 会長は、国際協議会でこのように語りました。
仲間が集い(together)、おなじ目標に向けて協力し進むことで、一人では成し遂げられないことを可能にします。ロータリークラブは、一人一人に異なる生業を持つ者が集い、地域・国際社会に奉仕し、若い世代を育て、仲間の親睦深め、日々様々なシーンで活躍しているのです。小さな灯が集まり輝く大きな光になるように、今や世界を照らしています。
一方で、その輪をもう少し広げることも大切だと考えています。せっかく100 年以上もの間、積み重ねてきたものをもっと多くの人に知ってもらい、そして参加してもらいたい、と思いませんか。何故なら、もっと多くの人が集まれば、多くのアイデアが集まり、より大きなこと不可能と思っていたことが実現出来るかもしれません。何より多くの人に機会を提供できれば嬉しく思いませんか?
その為に何をしますか。
クラブの会員を増やすのもいいでしょう。
例会時間や曜日が合わなくて入会を迷っている若者の為に、衛星クラブや新クラブを作ることも、ローターアクトクラブを提唱するのも、いいかもしれません。ロータリー地域社会共同隊(RCC)も有効な方法ではないでしょうか。ほかにもまだまだ方法はあります。あらゆることを自由に考えてみましょう。
1905 年シカゴで4 人が集まる(together)ことから始まりました。今年は日本にロータリークラブが誕生して百年目です。次の百年へ向けた新しい時代の扉を一緒に開けてみませんか。


ロータリービジョンの声明

『私たちは、世界で、地域社会で、そして自分自身の中で、持続可能な良い変化を生むために、人びとが手を取り合って行動する世界を目指しています。』
「Together, we see a world where people unite and take action tocreate lasting change —across the globe, in our communities, and in ourselves.」

地区目標

1. RI会長テーマおよびビジョン声明・戦略(行動)計画・強調事項の推進

2. RIロータリー賞への積極的なチャレンジ
ロータリー賞の各項目は、客観的に自クラブを評価できるように設計されているので、クラブの強み弱点を把握できる利点があり、積極的に活用し、クラブの活性化活用し てもらいたい。

3. 会員増強・会員維持・クラブ拡大
・地区会員数を2021 年7 月1 日時点で、2500 人以上に
・女性会員比率の向上
・新クラブ(衛星クラブ等を含む)の拡大

4. 青少年育成の推進
・インターアクト、ローターアクトクラブへの支援および協力の強化。また、ロータリー賞受賞に向け、指定された項目をクラブで実行するよう奨励する。
・インターアクト、ローターアクトの新クラブ拡大
・RYLA 開催(若い世代のリーダーを育成・発掘)
・青少年交換事業の理解と協力

5. クラブの戦略(長期)ビジョン策定の推進
戦略計画を基礎として、各クラブでは、今後5年間程度の中期ビジョンを策定しクラブの将来のあるべき姿を描き、その実現に向けての行動計画を立てていただきたい。
その為に、戦略計画委員会または長期計画委員会等の委員会を立ち上げ、またはより活発に活動して頂きたい。

6. 奉仕活動推進のためのロータリー財団への年次寄付
目標1:地区年次寄付50 万ドル
目標2:ゼロクラブゼロの継続と全会員寄付の達成
目標3:恒久基金 70,000 ドル増
《目安》 年次寄付 200 ドル/1 名
恒久基金 1,000 ドル以上/1 クラブ

7. 米山奨学会寄付寄付
目標:5000 万円(20,000 円以上/1 名)普通寄付+ 特別寄付

8. ポリオ根絶の推進
・ポリオ根絶キャンペーン促進、ポリオデーの実施
・ポリオ寄付の推進(目標100,000 ドル(40 ドル/ 1人))

9.『1 クラブ1 プロジェクト』の継続とプロジェクト支援
2019-20 年度地区方針「1 クラブ1プロジェクト」を継続し推奨すると共に、プロジェクト実施のクラブ支援体制を整える。

お気軽にお問い合わせください。046-222-5811

お問い合わせはこちら お気軽にお問い合わせください。