2022-2023年度方針

森田 静江 副会長

菅沼会長の推進されるSDGs促進活動にのっとり自らの理解を深め行動を意識するとともに、副会長として持続可能な明るく楽しい本厚木ロータリークラブを推進できますよう頑張りたいと思います。なにかと行き届かない点も多いと思いますが、皆様をサポートできますよう努めて参る所存です。今年度もよろしくお願いいたします。

小島 富司 会長エレクト

会長を支え会員の皆様方と共に本厚木ロータリークラブの明日への

望ましい活動・運営を求めて、創造的に且つ実践的に取り組んでまいる所存です。よろしくお願い申し上げます。

藤井 立秀 幹事

本年も会員が主体であるクラブ運営が出来るように、理事会の活発な議論を通じて会長の方針を創造して参ります。また、あらゆる機会を通じて会員相互の意思疎通を図り明るく、楽しく、元気なクラブ運営が出来るよう1年間努めて参りますのでご指導を賜りますようお願い申し上げます。 

中山 和男 副幹事

会長、幹事の活動方針に支障が無いようサポートして参ります。また会員間の意思疎通をより一層円滑に出来るように努めてまいります。

川口 正 会計

正確かつ迅速を目指して適切に処理して参ります。

宜しくお願いします。

林 志保 SAA

コロナの影響がまだまだ残る中ではありますが、これまで同様、明るく楽しい例会を開催できるよう、会場運営や司会進行を頑張っていきたいと思いますので、皆様のご協力をお願い致します。

落合 力也 クラブ広報委員会理事

SNS、タウン誌、新聞等を活用し公共イメージを向上させクラブの活動を広めていく。

SDGs活動を実践し理解を深め地域に還元していく。

星野 卓司 クラブ管理運営委員会 理事

当クラブ会員は創立時より幅広い年齢層で構成されています。そんなクラブ内で、年齢差にかかわらず「友情」が育まれ「建設的な議論」がなされれば、それは間違いなくクラブの活性化に繋がります。

 「多様性」、「公平性」、「包摂性」を基本としたクラブ運営に尽力してまいります。

親睦委員会

 コロナ禍での親睦活動は困難な状況に有りますが、様々な工夫により会員同士の交流、また会員のご家族との交流の場を設け、その中でロータリー活動の意義、ご理解を深めてまいります。

プログラム委員会

 会員にとって、いつも有益で有意義、かつ円滑なプログラム運営を目指してまいります。

出席委員会

 「例会は道場 欠席すると大きな損失(米山寅吉)」

会員全員がいつも、当たり前の様に例会場に向かって頂ければと願います。

「出席率100%達成」を目指します。

スマイル委員会

 そもそも自発性が前提で有りますが、会場に来られた会員全員が、笑顔で拠金して頂ける様、工夫をいたしてまいります。

松本 聡 奉仕プロジェクト委員会 理事

社会奉仕では厚木市少年野球協会の活動をサポートしていきます。

職業奉仕ではSDGsを推奨しながら活動をしている会員や他のクラブを参考にして今後の取り組みなどの提案をしていきます。

滝口 宏伸 会員増強委員会 理事

コロナの影響が残り各会員の仕事、生活状況等確認しながら、会長・各理事・各会員と協力し会員増強を進めて行きたいと思います。また会員を減らさない、減らさない為に楽しいクラブ作りの先頭として努めてまいります。

馬場 雄一 R財団・米山奨学委員会 理事

財団理念でもある

世界で『よいことをしよう』との理念の下、R財団、米山奨学会の活動について寄付の必要性の理解を更に深めて頂き、年次目標を必ず成し遂げる決意で取り組みます。

【年次目標】

R財団     200ドル/人

米山奨学金  20,000円/人

ポリオプラス  40ドル/人

金澤 平 クラブ活性化・研修委員会 理事

我々のクラブは明るく、楽しく、元気なクラブがモットーであります。会員が積極的に参加し実りあるプロジェクトを実践し、地域社会に貢献して公共イメージと認知度を測る。全会員との親睦を深め、ロータリーの知識をクラブ活性化に努める。

全会員が増強委員会と協力し会員の定着と退会防止に努める。