東日本大震災10年を迎えて

改めて、犠牲になられた方々に哀悼の意を捧げますとともに、ご家族の皆様や今も避難を余儀なくされている人々に心からのお見舞いを申しあげます。また、東北の復旧・復興に力を尽くされてきた全ての方々に敬意を表したいと思います。早いもので10年に成りますが、思いおこせば私は当時トラック協会の神奈川県央地区の防災対策委員長を仰せつかって居り、被災地に我が社を始め仲間のトラックを何台も救援物資を手配させて頂きました。又厚木商工会議所の依知北ブロック長を仰せつかって居り、被災地石巻市雄勝町牡蠣の養殖場が壊滅状態と成り、復興支援のために当時厚木商工会議所副会頭であった杉田泰繁氏(クラブ初代会長) 当時厚木商工会議所会頭 石川範義氏(当クラブ歴代会長)をはじめとする皆さんで被災地を大型バスで訪れた事がきっかけで、雄勝町の支所の方と交流が始まり、厚木市依知北ブロックにて被災地の海産物を販売や、石巻市の黒潮太鼓の方々にも来て頂き、厚木市長を始め多くの先生方や大勢の地域の方々でそれは大成功でした。それ以来何度も互いに交流を図り今も続いております。本年は10年と言う節目ですので、改めて被災地を実際にクラブメンバーと訪れる機会を呼びかけてみたいと考えて居ります。これからも微力ながら東日本大震災という未曽有の災禍の克服に向けて取り組んでまいります。

                本厚木ロータリークラブ 会長 鈴木八四郎

本厚木ロータリークラブの最新情報をお届けします